ツアーライドを作ろう

Secondlifeでよく見掛けるツアーライド。あなたのSIMにも設置しませんか?立ち寄るスポットをノートカードに記述するだけで、ツアーライドが作れます。

熱気球のツアーライドは Japan Open Grid 内の Dejimaで試乗できます。それをコピーてもいいですが、 Shinobar Annex スクリプトの館でも無料配布しています。もちろんコピー改変可です。

熱気球を JOGの Sandbox でRezすれば動きますが、あなたのSIMでRezしても動きません。中身のノートカード COURSE を書き換えなければなりません。

たとえば COURSE Round Tour meets にはこのように書かれています。
// Offset X Y Region name

// Offset 以降の座標は 256xX, 256xY が加算されます。Varregionでも 256単位で数えてください。
// x y (z) (Station name)
// 通過点の座標。zが省略されると地表あるいは水面となります。
// Station name が書かれていると、そこでいったん停止し昇降ができます。書かれていなければ単なる通過点となります。
Loop //末尾に至ると、続きはコースの最初から始まります。
//Oneway //末尾に至るとツアーを終了し、機体は直ちに出発点に戻ります。
//Shortcut //メニューから目的地が指定された場合、目的地までを直線で航行します。

// それぞれの項目は半角スペースで区切ってください。全角の空白が入らないよう注意してください。

Offset 0 0 JOG meets
128 160 JOG meets

Offset -1 0 Dejima
112 118 25.8 Dejima

Offset -1 1 JOG Cemter Sim
110 110 20.6 JOG Center SIm

Offset -2 1 Avatar Center
128 128 21.5 Avatar Center

Offset 0 1 SandBox
40 132 Building Supplies

Offset 1 1 B03
55 200 Furniture

Offset 1 0 D01
20 164 23 Amusement

「//」以降、行の終わりまではコメントとして無視されます。

各スポットの「X座標 Y座標 Z座標 停留所名」を記述しますが、Z座標は省略できます。また停留所でなく途中通過点は station name も省きます。

Offset 文は リージョン越えする場合にのみ必要です。同一リージョン内で完結するなら不要です。

今回リリースするものは、これまでのものを改良した v2となります。大きく変わった点は、ノートカードにコースの扱いについていくつかのバリエーションを指定できることです。

コースの最終位置に来ると、標準だといったん降ろされます。Loop を指定すると、コース末尾の次はコースの先頭に接続しているものと解釈されます。 Oneway ではコース逆行ができないので、コース末尾で降ろされ、機体は出発地に戻ります。

標準では目的地までコースを辿って航行しますが、 Shortcut を指定すると目的地まで直線で直行します。気球などでは Shortcutの設定が適しています。

Posted on 14 Apr 2018, 23:46 - カテゴリ: ツアーライド
Edit - Delete


コメントはありません、

コメントを書く

標題
投稿者
本文
顔マークを表示
セキュリティコード 1557927
パスワード (同じ投稿者と確認するため)