sitpose スクリプト

SITPOSE SCRIPT 現在の最新バージョンは v6.0
JOG内 Shinobar Annex で入手できます。
このスクリプトを使用すると、簡単に座ってポーズ/アニメーションを作成できます。さまざまな機能があります。
完全なドキュメントではありませんが、いくつかの例を説明します。


SITCONFIGなし(1〜2)
1.基本的な使い方
このスクリプトをオブジェクトに入れます。アバターのお尻がルートプリムの上面にちょうど当たるように座位が設定されます。
同じオブジェクトにアニメーションを入れることができます。アバターが座るとアニメーションを再生します。
複数のアニメーションを入れると、それぞれ20秒ずつ順番に再生されます。再生順は名前のアルファベット順です。

座位が不適切な場合は、このスクリプトとアニメーションを含む座席として単一のプリムを作成し、適切な位置に配置します。テクスチャを透明にし、好きな家具にリンクします。この方法で、家具に複数の座席を作成できます。

2.アタッチメント
アバターがこのスクリプトとアニメーションを含むアタッチメントを装着すると、アバターがアニメーションを再生します。Dancing Anklet はその一例です。

WITH SITCONFIG(3〜6)
これらの機能は、「SITCONFIG xxx」という名前のノートカードで設定できます。
ノートカード「example SITCONFIG」があります。名前を「SITCONFIG」または「SITCONFIG as you like」に変更します。 「SITCONFIG」で始まる名前のノートカードは、プリム内で1つだけである必要があります。スクリプトを編集しないで、ノートカード「SITCONFIG xxx」を編集します。

3. SITCONFIGを使用して位置を調整する
vector POSITION はルートプリムの中心を基準としたアバターの腰の位置です。単位はメートル。
LOCAL = TRUEの場合、vector ANGLEは、プリムに対する角度です。単位は度。 LOCAL = FALSEの場合、グローバル座標を取ります。つまり、Xは東に、Yは北に、Zは上に向かっています。
ベクトル ADJUSTは、アバターのサイズの補正です。いくつかの例:
ADJUST = <0.0、0.0、0.2> //キスボール用
ADJUST = <0.0、0.0、-0.4> //アニメーションがス立ちポーズの場合で、アバターの足裏を地表/床に近づけるため。

4.アニメーションの長さ
複数のアニメーションがある場合、それぞれ20秒ずつ順番に再生されます。
再生時間を変更する場合は、SITCONFIGで INTERVAL を設定します。

5.アニメーションをタッチで切り替え
通常は複数のアニメーションが順番に再生されます。
アバターのタッチのみでアニメーションを変更する場合は、
INTERVAL = 0.0、TOUCH = TRUE を設定します。

6. 表示および非表示
HIDE = TRUE //プリムは普段は表示されますが、アバターが座っているときは見えなくなります。クラシックなポーズボールの動作。
ボールが常に見えないようにする場合は、HIDE = FALSEを設定し、テクスチャを透明に設定します。

2020-01-13 Shinobar Martinek@jogrid.net:8002

(初稿:13 Jan 2020, 11:40)

Posted on 26 Jan 2020, 8:30 - カテゴリ: スクリプト
Edit - Delete


コメントはありません、

コメントを書く

標題
投稿者
本文
顔マークを表示
セキュリティコード 5099391
パスワード (同じ投稿者と確認するため)