Shino's Bar gotoマスターの部屋 [DOS/Vマシンの自作] [ MPEG2最前線 ]

ビデオキャプチャ機器のチェック・ポイント

ビデオキャプチャにも安価なものから高価なものまでいろいろあります。 購入のさいの仕様面でのチェック・ポイントを纏めておきます。 ここではアナログ・キャプチャに関するものに限り、DVデジタル・キャプチャは除きます。
  1. 動画取りこみサイズ(@30fps) 640x480以上 / 352x240以下
    最大画面では30fpsのフルモーション・キャプチャができないもの、 静止画に限ってはより大きいピクセルで取りこむものがあります。
  2. 圧縮方式 取りこみ時リアルタイムにどう圧縮するかです。
  3. TVチューナー 内蔵(ステレオ音声) / 内蔵(モノラル音声) / なし
  4. アナログ・ビデオ信号出力 RCA / S端子 / なし
    コンピュータ・システム側にその機能が無ければ欲しいところ。端子形状はチェック。
  5. サウンド・キャプチャ 内蔵 / なし
    たいていはコンピュータ・システム側にサウンド・キャプチャ機能があるので、それを流用するものが多い。
  6. 付属ビデオ編集ソフト ブランド(?)もの / オリジナル / なし
    UleadのMediaStudioやVideoStudio、AdobeのPremiereなどメジャーなソフト(の廉価版であることが多い)が付属しているならば、少なくともそれらのソフトで対応は保証されるので安心かと。
大きい項目は以上です。自分のシステムとの適合性など詳細はさらに検討してください。
14 Apr 2000 The Bar Master
Shino's Bar
アドバイスは掲示板または E-mail で マスターまで
Shino's Bar goto [シノバー店内案内] [マスターの部屋] [DOS/Vマシンの自作] [ MPEG2最前線 ]