ホームページ開設奮闘記

July 1997


インターネットって何?

実はマスターは若かりしころ資格を取った「第1種情報処理技術者」なのです。 当時最先端でした。 でも20年前の情報処理技術者がこの今の時代にどれだけ役に立つでしょう?
つい3ヶ月前はマスターも「インターネットって何?」 という質問をしたものでした。

ブラウザアイコンマウスダブル・クリック するだけでインターネットウィンドウ が開きますよ!」

「??? − それって 『てにをは』 以外は日本語やないな。」
「そうですね。でも 『開く』 は日本語ですよ。」
「・・・」


骨董品?

今年の5月ごろ、会社の趣味のクラブでホームページを作ろうということになり、 パートタイムで来てくれている若奥様に作ってもらうこととなった。 彼女自身1年前はコンピュータを触ったことがなかったのだから大したものだ。 その彼女が季節の写真を背景に入れてくれた。

「背景は良いけど、これでは字が読めないよ。 ぼくのディスプレイなんか白黒なんだから。」
「そうですか?白黒でも確認したんですけど。・・・あれ?字の色が変ですね。」
「そうかもしれんな。ぼくのブラウザはバージョンが古いから。」
「どのバージョンですか?」
「聞いて驚くな、Netscape 1.1。 これだと字の色指定は効かんみたいやね。」
「えーっ! いまどき『1.1』なんか使っている人っていないんじゃないですか? ・・・分かりました。『Netscape 2.0以上でご覧ください。』 って書いとけばいいんですね。」

− それで解決したことになるのだろうか?


狭いながらも

やっぱ家でもインターネットしたいな。 でもでっかいコンピュータ置くとこ無いし・・・。
6月末のある日、近所の電器店でノート型を見ていました。けっこう高いなあ。
その横で店員に捕まっていたのが家内。
「わあ、これなら私にも使えそう!」
で、買ったのが98CREEBです。テレビにもなるし、留守電TEL/FAX、 CDプレーヤーにゲームソフトBIO HAZARDなど付いているという盛りだくさん。 これならでかくても機能を兼用しているぶん、 省スペースになると思ったのが購入動機です。

ところが我が家の6畳のLD(?)にはすでに19インチのテレビが2台ある。 そこへこれが加わって、中央のテーブルを3台のテレビが囲む形に。 どちらを向いてもテレビがあるという、カラオケバー状態。 もちろんそれぞれ別の番組を受信も可能、 ただし他の番組の音が気になる人はイアホンを使わねばなりませんが。


フリーズ

それじゃあホームページを作れとの友人の勧めで、 なんとかせにゃとホームページ作り方の本を買う。 必要なソフトも付録のCDに入っている。これは便利。
CDのソフトはみんな圧縮されている。これには解凍が必要だ。 そこはちゃんとしたもので解凍ソフトも付いている。
ところが・・・、その解凍ソフトまで圧縮されていた!!!

ついに開設!

7月20日、中身はないが、何とか形にこぎつけた。
5月にはインターネットもホームぺージも何のことだかわからず、 6月初めてWindows95を使う。 7月5日我が家にコンピュータ入荷。 7月20日ホームページ開設。 なんという素早さだろう。若いときならともかく、 この齢にはこの間は激動の時期であった。

今回は自分を誉めてやりたい。


マスターの部屋

店内案内へ