三種の神器 その1

筆時点の Wikipedia には三種の神器について、次のように書かれている。
三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのしんき(じんぎ、しんぎ))は、日本神話において、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊が天照大神から授けられたという鏡・玉・剣のこと。また、神話に登場した神器と同一とされる、あるいはそれになぞらえられる、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のこと。

まあ、これが現在多くの人の認識かもしれない。

神社本庁の皇位継承の儀式を扱った特設ページには、剣璽等承継(けんじとうしょうけいの)儀を次のように解説している。
皇位につかれた陛下は、「三種の神器」をはじめとした皇室に由緒ある品々や天皇陛下の印である「御璽(ぎょじ)」、日本国の印である「国璽(こくじ)」を継承されます。三種の神器とは、歴代天皇に皇位のしるしとして継承されてきた八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)(草薙剣くさなぎのつるぎ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)のことです。

神社本庁の見解は「神璽」を(かみのしるし)と読み、それを鏡・剣・勾玉のいわゆる三種の神器に当てはめているのだが、それは無理があろう。

宮内庁のページでは剣璽等承継の儀について、次のように解説している。
天皇が皇位を継承された証(あかし)として剣璽・御璽・国璽を承継される儀式。剣璽(けんじ)とは宝剣と神璽のこと

また「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」として「三種の神器(鏡・剣・璽)」などを挙げている。
これを読めば「剣璽等」とは、剣が1つとハンコが3つ。鏡は三種の神器のひとつとして追記されているが、勾玉は出て来ない。

南北朝時代に南朝方の北畠親房が『神皇正統記』を記し、「神璽」を勾玉と考えた。古事記の「三種の神宝」に当てはめて解釈したのだろう。
これがその後に神社本庁の見解となり、いまも俗説としてまかり通っている。

しかし、「璽」はハンコである。御璽、国璽は明らかにハンコ。なぜ神璽のみハンコでないと言えるのだろう。神聖なものとして普段使われることはないが、やはりハンコであろう。


(志賀島で発見された金印)


Posted on 17 Feb 2019, 19:45 - カテゴリ: 古代史
Edit - Delete


コメントはありません、

コメントを書く

標題
投稿者
本文
顔マークを表示
セキュリティコード 3370048
パスワード (同じ投稿者と確認するため)