Shino's Bar Linux Stuff

走れパピーPuppy Linux core logo

4 Apr 2009 サスペンドについて追記 (初出:26 Mar 2009) Go to走れパピー 目次

パピー・リナックスを ThinkPad X21 にインストール

中古で手に入れた IBM ThikPad X21 に Puppy Linux をインストールしました。 このノートPCは CPUが Cerelon 500MHz, メモリは320MBに増設されているものの、 内蔵ハードディスクは10GBしかありません。

メインのOSは Windows 2000 です。 ディスクを FAT32でフォーマットし直して Windows 2000を再インストール。 その一部エリアに Puppy Linux 4.1.2.1JP を組み込みました(Frugal install)。
See詳しくはこちら。

ハードディスクが狭い中で Windows とのデュアル・ブートなので、スワップ領域は Windows のものと共用しました。
See詳しくはこちら。

CardBusに Baffalo の無線LAN子機 WLI-CB-AG54L を取り付け、親機 WER-AM54G54 に接続しました。 無線規格 802.11g の暗号化設定 TKIP で接続できました。
See詳しくはこちら。

acpidをインストールすることで、電源ボタンでシャットダウンできるようになります。 また、スクリプトを加えるとサスペンドも働きます。
See詳しくはこちら。

内蔵グラフィックは ATI Rage Mobility M で、Xorg の ati ドライバで動いています。 内蔵液晶パネルは自動認識しないので、LCD Panel 1024x768 を手動で選択します。 xorg_xorg_dri-7.3-1.pet もインストールしてみたのですが、DRIが働きません。 Windows 2000 に比べ動画再生が苦しいです。