Shino's Bar

お家で使うLinuxTux

Mozillaとプラグイン

26 Nov 2006 (初出:10 Jul 2002) Javaの導入を別ページとしました。

Webページを閲覧するためのブラウザも選択肢が広くなりましたが、ここではバージョン1.0がリリースされたMozillaの導入とプラグインの組み込みについて記します。

プラグイン目次

Mozilla 1.0 本体の導入

Vine 2.5ではすでにバージョン0.9.8が標準で入っていますが、バージョン1.xのVine Linux 2.5のフォントセットに最適化されたRPMパッケージがVine FTPサイトのVine2.6 あるいはVineSeedのところから入手できます。 Vine 2.1.xでリビルドしたものはVinePlus/2.1にあります。

Mozillaをデフォルトのブラウザに

Vine Linux 2.5 はもともと mozillaが標準なのでよいのですが、 Vine 2.1.xなど netscapeが標準となっているディストリビューションでは gmcなどで.htmlファイルをクリックすると netscapeが立ち上がるようになっています。 gnome+sawfishでは gnome-moz-remote '%s' がURLハンドラとなっていますが、この /usr/bin/gnome-moz-remote というプログラムは netscape限定のようです。 netscapeをインストールせずmozillaだけを使う場合は次のようにシンボリックリンクを張ってやればよいでしょう。(root権限が必要です。)

# ln -s /usr/bin/mozilla /usr/bin/netscape
# ln -s /usr/lib/mozilla/plugins /usr/lib/netscape/plugins

あるいはここで用意したシェルスクリプト Download gnome-moz-remote と差し替えることでもmozillaを立ち上げることができます。 あるいはこのスクリプトを /usr/local/bin に置けば /usr/bin/gnome-moz-remote の代わりにこの /usr/local/bin/gnome-moz-remote が走り、mozillaを捜し出して起動します。 echo $PATH で /usr/local/bin が /usr/binより前にあることを確認してください。

GNOMEコントロールセンターを起動して 「文書ハンドラ」→「URLハンドラ」でハンドラを mozilla '%s' に設定することでも mozillaを標準で起動することができます。

メーラーソフト sylpheedのwebブラウザの設定は 「設定」→「全般の設定」のところです。 gnome-moz-remote '%s' あるいは mozilla '%s' としてください。

Netscapeプラグインを受け継ぐ

すでにNetscapeを使っていると、そのプラグインは /usr/lib/netscape/plugins ディレクトリの中に入っています。 これらを /usr/lib/mozilla/plugins に移動もしくはコピーすることで NetscapeプラグインをMozillaで使うことができるようになります。 (Mozilla-1.0では /usr/lib/mozilla-1.0.0/plugins ですが、 /usr/lib/mozilla/plugins にあるものも自動的に検出するようです。)

以下は新しくプラグインを導入する場合について記述します。

Acrobat Reader

Adobeのサイト(英語のページからでないとlinux用のリンクは無いかも)から ftp.adobe.com/pub/adobe/acrobatreader/unix/5.x/linux-5010.tar.gz あるいは最新のもの, ftp.adobe.com/pub/adobe/acrobatreader/unix/5.x/jpnfont.tar.gz の2つを入手して ~/rpm/SOURCES に置きます.
DownloadAcrobat-reader-5.1x-0.nosrc.rpm (13 Dec 2004 up) を適当なディレクトリにダウンロードします。
Acrobat-reader-*.nosrc.rpmのあるディレクトリで

$ rpm --rebuild Acrobat-reader-*nosrc.rpm

途中のライセンス表示が 2 回表示されます。 ライセンスに同意するときに accept といれる以外はリターンキーを 押していくだけで進みます。 これで ~/rpm/RPMS/i386 にバイナリパッケージができるので root権限でインストールします。

# rpm -Uvh Acrobat-reader-*.i386.rpm
(昔のバージョン)

Macromedia Flash

Macromedia社のページから install_flash_player_7_linux.tar.gz を入手します。 これを解凍して所定のファイルを /usr/lib/mozilla/plugins ディレクトリに入れるだけのことなのですが、
Download flash-player-7-0.1.nosrc.rpm (19 Jan 2005 up) を用意しましたのでご活用ください。 さきに mozilla を入れている環境でリビルドしてください。

(昔のバージョン)

RealPlayer

goto RealPlayerのインストールはこちら

midi 等その他のマルチメディア

Vine 3.2

VinePlus にある mozplugger は動作に不具合があるみたいです。

Vine 2.6

VinePlus にある plugger-4.0-0vl1を導入します。 VineSeedPlusのTiMidity++-2.11.3-0vl2の導入には libogg, libvorbis, lestiff などが必要です。 VinePlus/2.1 の TiMidity++-2.11.3-0vl2.src.rpm をリビルドして使うほうが簡単かも。 サウンドフォントを別途入手する必要があります。

Vine 2.1.5

VinePlus/2.1 より plugger-3.3-1v1, TiMidity++-2.10.1-0vl1を入手。
DownloadTiMidity++-soundfont-mini-1-2.nosrc.rpm(現在行方不明?) と、 別途TiMidity だだだだ! から miniinst.zip を入手、リビルドして導入します。

JAVAプラグイン

goto Javaのインストールはこちら

Tips

日本語入力のときにカーソルが消える場合は まずmozillaが立ち上がっている場合は終了します。 ~/.mozilla のディレクトリの中にprefs.jsというファイルを見つけます。 それのから最後に user_pref("xim.input_style", "over-the-spot"); を追加してmozillaを起動したらOKのはず。 (参考: [vine-users:039559]) あるいは /usr/lib/mozilla/defaults/pref/unix.js の最後のほうに pref("xim.input_style", "on-the-spot"); という行があれば pref("xim.input_style", "over-the-spot");に変更、なければ追加します。

ご意見、お問い合わせは E-mail で マスターまで
Shino's Bar goto [シノバー店内案内] [お家で使うLinux]