Shino's Bar

お家で使うLinuxTux

LinNeighborhoodのインストール

17 Mar 2005 (初出)

LinNeighborhoodはLAN内のWindowsの共有あるいはsambaで公開された資源のブラウズ、 共有フォルダのマウントなどをLinuxボックス上でGUIで行うことのできるプログラムです。 ランチャをデスクトップなどに置いておくと便利ですね。 Vine LinuxなどRPMが使えるシステム用に nosrc.rpmを用意しましたので公開します。 このパッケージにはVine Linux 3.1 などで使っている sambaバージョン3.xにも対応するパッチを含んでいます。

インストール手順

  1. 使用には samba-client が必要です。Vine Linuxで aptを使う場合は apt-get install samba-client
  2. リビルドにいくつかのパッケージを必要とします。Vine Linuxで aptを使う場合は apt-get install gtk+-devel など
  3. gtk+-devel, XFree86-develまたはXOrg-devel, glib-devel, gettext これらがインストールされているか確認、無ければインストールしてください。 Vine Linux 3.1 ではXFree86-develの代わりにXOrg-develです。
  4. LinNeighborhoodのダウンロードのページ から LinNeighborhood-0.6.5.tar.gz を入手して、~/rpm/SOURCES に置きます。
  5. DownloadLinNeighborhood-0.6.5-0.1.nosrc.rpm (17 Mar 2005 up) を適当なディレクトリにダウンロードします。
  6. リビルドします
  7. $ rpm --rebuild LinNeighborhood-*nosrc.rpm

    書き込み中: /home/tako/rpm/RPMS/i386/LinNeighborhood-0.6.5-0.1.i386.rpm
    などとあればリビルドは成功しました。システムによっては rpm の代わりに rpmbuild としてください。

  8. リビルドの済んだパッケージを root権限でインストールします。リビルド完了のところで表示されたディレクトリに移動し
    # rpm -Uvh LinNeighborhood-*.i386.rpm

設定と使い方

  1. 起動
  2. 起動コマンドはLinNeighborhoodです。 gnomeを使っているならいったんログアウトし、ふたたびログインするとランチャが「プログラム」→「インターネット」のところにできています。

  3. 設定
  4. 起動したらユーザー名やパスワードなどを設定しておくと便利です。

動作報告と質問は Linux掲示板
Shino's Bar goto [シノバー店内案内] [お家で使うLinux]