Shino's Bar

お家で使うLinux Tux

HTMLエディタ

28 Mar 2005 (初出:17 Nov 2002)

ホームページ作成のためのエディタにはMozillaに付属するComposerも使えるのですが、 いまひとつ安定性に欠けます。 Emacs,Xemacsなどのエディタでも拡張子が.htmlなどのファイルを編集するときは自動的にHTMLになり、タグなどが挿入しやすくなっていますが、私はそもそもEmacsが苦手で(^^; もう少し使いやすいものはないかということで BluefishAugustを紹介します。 また、Augustの日本語対応を開発中です。

Bluefish

Vine Linux ではFTPサイトのVinePlusのところからRPMパッケージが入手できます。 RedHat Linux などでもVine用のSRPMをリビルドしたもののほうが日本語対応は良いかも。 あるいはこの
(GTk2ベース)Downloadbluefish-1.0-0.1.nosrc.rpm をリビルドしてお使いください。Bluefish本家からbluefish-1.0.tar.bz2も必要です。
(GTK+1.2ベース)Downloadbluefish-0.7-0.nosrc.rpm with bluefish-0.7.tar.bz2

nkf2

Bluefish-0.7が扱える日本語は euc-jpに限られます。 いろいろな事情でsjisなど他の文字コードを使いたいこともあるでしょう。 nkfなどでいったんeuc-jpに変換、bluefishで編集後ふたたびnkfを使って所定の文字コードに戻すという作業が必要です。 この作業に便利なツール nkf2を作りました。
Download nkf2-0.7.tar.gz ... インストール法や使いかたはREADMEをご覧ください。

August

Augustはbluefishと比べると機能は小さいがそれなりに使いやすいものとなっています。 本家のものはメニューなどが英語ですが、これの日本語化と euc-jp, sjis, jis, utf8 の4つの文字コード対応を あ〜る・カーギシさんと共同で開発中です。 テストや開発に協力いただける方は テストパッケージのページから最新のものをダウンロードしてください。 (utf8対応にはTcl/Tk-8.3.1以上が必要です。) インストールについてはドキュメントをご覧ください。

ご意見、質問はLinux BBSまたは E-mail で マスターまで
Shino's Bar goto [シノバー店内案内] [MPEG最前線!] [お家で使うLinux]