Shino's Bar

ひろせ art lonon


ひろせ art lonon 06 - 8 Jan 2000

あけましておめでとうございます。 ひろせのニュー・イヤーは、除夜の鐘ならぬビック・ベンの鐘と ど派手な花火、熱狂しておかしくなったイギリス人と共にはじまりました。

テレビでも新聞でも「21世紀だ、ニューセンチュリーだ」と大騒ぎです。 「ちゃうやろ、まだ20世紀やで!」という突っ込みが入ったのかどうかは知りませ んが、 ドームも観覧車もトラブルが続いたため、あるいはお金を儲けるため(?)、 彼らはまた来年もお祭り騒ぎをするそうです。 OH NO ! We'll done it all again on 2001 eve !!(某新聞の見出しより)

今日、デザイン・ミュージアムの常設展示室でなつかしいものに出会いました。 ひとつめはラムネの瓶。これこそは日本の誇れる、実用と美しさを兼ね備えた すばらしい(!)パッケージデザインだと思いましたが、その次に出会ったものが なんと「葛きり」だったのです・・・。(これはデザインなのか?) こっちの人に言わせると世にも美しい透明ヌードルなのだとか? ポン酢で食べる水菜の入った鍋が恋しいです。

デザイン・ミュージアムはロンドンのミュージアムの中ではかなり小規模ですが、 疲れない程度の作品数、タワー・オブ・ロンドンやタワーブリッジから歩いていける 立地条件、3階からの眺めのよさ、大人から子どもまで楽しめる企画展の展示方法、 ショップの充実度、すべて高得点をあげてしまいました。

そしてここでも(ショップにも、ギャラリーにも)「MUJI」こと「無印良品」たちが ・・・ ショップで売っていた「TOKYO」という本の中には、無印良品青山3丁目店が・・・



ひろせ art lonon 目次へ
感想、お便りはシノバー掲示板へ。

Shino's Bar Shino's Bar Internet