shino's bar
cad

電気回路CAD演習

第4講 スイッチング回路

問題 4-2

次の回路を解析し、上の回路の解析結果と比較せよ。

switching circuit 2

直流回路でインダクタの電流を遮断するときに発生する逆起電力をダイオードで吸収する常套手段。 逆起電力による高電圧は回避されるが、インダクタの電流は即座に0にはならない。時定数 τ = L/R。

問題 4-3

次の回路を解析し、上の回路の解析結果と比較せよ。

switching circuit 3

出力波形。-I(L1)は10倍している。
Waveform 3

コレクタ電圧V(Q1C)の立ち上がり部分が 4-2の回路の場合と比べてやや緩やかになっている。

(初出: 5 Dec 2011)